田中食品株式会社

社長からみなさまへ

代表取締役社長  田中茂樹 代表取締役社長  田中茂樹

広島の社長.TV 田中茂樹

広島の社長.TV
社是 信念を以って業に当たり 誠意を以って業を処し 努力を以って業を成す

当社は、明治34年(西暦1901年)4月広島県呉市において私の祖父である田中保太郎が、家業として漬物・佃煮・味噌を製造し始めたのが最初です。大正時代に入り、当時の陸軍と海軍から持ち運びが容易で日持ちのする食品を要請され、そこで創り出されたのが初代「旅行の友」です。

その他にも、味噌汁を缶詰でインスタント食品とするなど、様々なアイデアをもって生活に密着した食品が考え出されました。そうした食品開発の背景には、「軍人である一人息子が戦地で頑張っているので、何とか食べ物に困らないように・・・、栄養価の高いものをいつでも美味しく 食べてもらいたい・・・」という、親心の一念があったと聞いております。

つまり、当社のふりかけは『子を想う親心が生んだ、愛情に満ちあふれた食品』であり、この思いこそが田中食品の伝統であり原点であります。すなわち、本物の素材を使い、味付けには決して妥協せず、愛情と細心の注意をもって造り続けることで、皆様にいつでも安心して美味しく食べていただき、また、喜んでいただけることこそ、私たち社員全員の誇りであり喜びであります。

これからも、そうした価値観に基づき、信念と誠意と努力をもって、常に新たな食品の創造に挑戦し続けると共に、社会の要請には敏感に対応していくことで、皆様から信頼され期待される社員づくり、企業づくりを実現して参りたいと考えております。

ページの先頭へ